美合クリニック。人工透析のご案内。愛知県岡崎市。

岡崎市 透析【医療法人 葵】
人工透析のご案内

人工透析のご案内

透析技術

日本の透析機器は世界一であり、日本全国どこに行っても、その高度な透析技術に授かれるようになりました。我々はその透析技術を患者様一人ひとりに安全に提供することを第一に考えます。皆様に信頼され、安心される医療が我々の目標です。

当院の人工透析を担当する医師は、他科も専門とする医師たちで構成されており、幅の広い診察が可能です。

透析ベッド数は46床です。透析室スタッフは看護師11名・臨床工学技士7名・臨床検査技師1名・診療放射線技師1名が勤務しています。

院内全館に、【エルセ活水器】を通過させ抗酸化作用のある水を使用しおります。全館バリアフリー、ワンフロアーの広々とした透析室です。


透析スケジュール

 
昼間 8:30~15:00 9:00~15:00 8:30~15:00 9:00~15:00 8:30~15:00 9:00~15:00
夜間 17:00~23:00 - 17:00~23:00 - 17:00~23:00 -

当院の透析の特長

①きれいな透析液

水処理機械

エンドトキシン捕捉フィルターを透析液供給装置、各透析コンソールに設置し、さらに透析液ライン、透析装置内の循環加温消毒により、最高の透析液清浄化をはかっています。

②広々とした透析室

透析室

ワンフロアーで構成された透析室は患者様全体を一目で見渡せることができますので、全ての管理を行き届かせることができます。

③シャントを大切に

手洗い

患者様も医師も苦労して作ったシャントです。シャントトラブルによる再作成手術は非常に残念であります。当院では患者様に今現在のシャントを大切にし、一生使っていただくことを望みます。

PTAにてシャントトラブルを未然に防いだり、ボタンホール穿刺にて針穿刺の除痛を図っております。

④相談およびサポート

院内イメージ

透析をしなければ生命維持が困難である状況を宣告され、たくさんの不安を抱いたまま退院された患者様や、維持透析を行っていくうちに社会的な様々な問題を抱えていく患者様がおられます。

我々は患者様のそういった様々な問題に対し、真摯に向き合います。社会保障制度についても専門のケースワーカーが対応します。

⑤円滑な送迎システム

送迎車

治療をお受けいただいております患者様またはそのご家族様の通院へのご負担を少しでもお手伝いするために、ご希望頂いた患者様に無料の送迎サービスをおこなっております。

⑥在宅医療

在宅酸素

身体的・精神的衰えにより通院が困難になる患者様や生活の質が低下した患者様に対応するため、【葵訪問看護ステーション】との連携による24時間のサポートシステムを構築しています。患者様本人や家族が在宅にても安心して生活できるよう提案させていただきます。

感染症への対策

10秒で透析室に隔離室を作ります。

インフルエンザの非感染者や医療従事者への感染リスクを低減するため、感染症即時対応型の局所排気装置で、たったの10秒で透析室に隔離室を作ります。

非隔離 矢印 隔離

2010年8月19日 医学新聞【Medical Tribune】にて、美合クリニック 臨床工学技士 [木戸隼人]らによる「透析室の隔離について」の記事が掲載されました。


このページの先頭へ