日名透析クリニック 当院透析システム。内科・腎臓内科・透析など。愛知県岡崎市。

岡崎市 透析【医療法人 葵】
当院透析システム

当院透析システム

オンラインHDF

コンソール

当院では透析を受けられている患者様により良い透析医療をご提供できるようオンラインHDF対応の透析装置を導入し、治療を開始致しました。

オンラインHDFとは

オンラインHDFとは透析液を置換液として使用する血液濾過透析法の事を言います。通常の透析では体内に蓄積した毒素を拡散という原理を利用して除去し血液を浄化しています。HDFでは透析による拡散に加え、濾過を行うことによって通常の透析では除去しきれない物質(β2ミクログロブリンなど)を積極的に除去します。

HDFは濾過を行う際に、濾過量と同量の置換液を血液側に補充をしています。オンラインHDFでは置換液に厳重な管理の下で清浄化された透析液を使用します。透析液を置換液として使用することで1回の治療で大量の濾過が行えるため、透析だけでは除去しきれない物質の除去能力がより一層高まります。

オンラインHDF回路構成図

オンラインHDFの主な対象
  • HD中の血圧下降・気分不良
  • レストレスレッグス症候群・イライラ感
  • 透析アミロイド症の予防
  • 透析アミロイド症関連の骨・関節痛症状
  • 皮膚掻痒症
  • 不眠症
  • 食欲不振

などがあげられます。 治療についてご不明な点がございましたら、当院スタッフまでお尋ねください。


逆ろ過透析液サポート機能付き透析装置

コンソール

当院では『患者様に優しい透析治療』を目指して、逆ろ過透析液を使用する最新型透析装置を採用しました。この装置の採用によりスタッフ業務の大幅な効率化が行なわれ、業務効率化で生み出された時間を『患者様に優しい透析看護』に向けさせて頂きます。

また、逆ろ過透析液サポート機能を使用するに当たっては、使用する透析液が定められた厳しい水質基準(ウルトラピュアー)を満たす必要があります。厳しい水質基準をクリアし透析治療に使用される透析液は、患者様の貧血改善や様々な合併症の改善の効果も期待されます。


透析管理システム

今回の日名透析クリニックの開設にあたり、当グループで初めて透析装置と透析管理・医事管理をオンラインで連携するシステムを採用しました。このシステムの採用により医師から出される患者様への処方や薬の指示・透析条件設定が正しく装置伝わります。

透析中は個々の透析装置の監視が可能で当院スタッフと本システムによるW監視で医療事故予防を行なうことが出来ます。このほか透析治療で収集されるデータの読み取りミスや記載ミスを無くし一括管理を行うことが可能となります。

日々の膨大な透析治療データが本システムで一括管理されていることから、患者様の治療方針の設定や治療実績のデータ管理のサポートとして活用することが出来ます。これらの機器を有効に活用することで『より高品質で、患者様により優しい透析治療』を目指します。

透析フロー

透析液清浄化

透析装置

逆ろ過透析液サポート機能を活用した透析システムを運用するに当たっては、透析液が定められた厳しい水質条件を常に満たしていることが条件となります。

水道水を精製するRO装置(精製水製造装置)から末端の患者監視装置(ベッドサイドコンソール)までを一貫して清浄化するトータルクリーン化システムを採用することで、安定した高品質のウルトラピュアー透析液を使用することが可能となりました。

ウルトラピュアー透析液を使用することは透析装置の可能性を高めるだけでなく、患者様に貧血改善や透析合併症の改善の可能性も示唆されております。また、熟練した臨床工学技士による定期的な水質管理も日常作業として行い、設備のみに頼ることの無い日常管理を継続することで『より安全で高品質な透析治療』を提供することが可能となります。


このページの先頭へ