【医療法人 葵】 葵グループの理念。

岡崎市 透析【医療法人 葵】
医療法人 葵の理念・ごあいさつ

理念

当法人は、病院及び診療所を経営し、科学的でかつ適正な医療を普及し地域住民の健康維持増進に寄与することを目的としております。

ごあいさつ

理事長 筒井修一

理事長 筒井修一

当法人は、1981年「岡崎葵クリニック」として腎疾患を中心に有床診療所を開院いたしました。 その後、1995年 患者様の増加の為 病床数を増やし病院となりました。それに伴い、「岡崎葵クリニック」から「葵セントラル病院」に名称変更し、一般内科にも力を入れ、地域密着型の医療機関を目指してきております。

現在、医療を取り巻く環境には厳しいものがありますが、コメディカルの職員(看護師、技士などの医師以外の医療スタッフ)も含め、感染対策委員会、災害対策委員会、褥創対策委員会、医療安全管理委員会等を定期的に行い医療の質の向上に励んでおります。

当法人の基本理念である「医療は開かれたものである」よう、努力していきたいと思っております。


理事長 筒井修一 プロフィール

  • S42年(1967年)昭和大学医学部卒業
  • S43年(1968年)1年間のインターンを経て、名古屋大学付属病院分院内科へ入局
  • S46年(1971年)中京病院腎臓科へ赴任
  • S49年(1974年)知立クリニック副院長
  • S56年(1981年)岡崎葵クリニック(現葵セントラル病院)院長
  • H15年(2003年)4月 医療法人葵 理事長に就任
資格・所属学会
  • 日本内科学会認定医
  • 日本腎臓学会認定医
  • 日本透析学会指導医

このページの先頭へ